世界の先住民族 コマンチェ民族(2008年)

ローラ・ハリスさん(米国、コマンチェ民族) アメリカ先住民族コマンチのローラ・ハリスさんは、母親が創設したAIOの代表だ。「プログラムという若手リーダーの育成に取り組んでいます。このプログラムは、先住民族の伝統を基礎に組み立てられており、先住民族の独自の文化を現代社会に適応させていくことを目的にしています。というのも、私たちは、アメリカの文化と自らの文化の両方を持ち合わせていますが、それが自分の…

続きを読む

遺骨返還のための訴訟を起こしたアイヌ民族(仮訳)

はじめに 先住民族アイヌの土地、蝦夷は、150年前に北海道と命名され、その後1世紀以上にわたり、日本への同化が進められていった。 今年は北海道命名150年を記念して、多くの企業、団体、自治体が連携し、北海道150年事業が行われている。北海道は、2018年度予算で、2億6800万円をこの事業にあてている。 日本がアイヌ民族を日本の「先住民族」と認めてから10年経った今、アイヌの土地を植民…

続きを読む

世界の先住民族の声を 「先住民サミット」が開幕(2008年)

 北海道洞爺湖G8サミットを1週間後に控えた7月1日、先住民族によるサミット「『先住民サミット』アイヌモシリ(リは小文字)2008」が、北海道平取町でスタートした。G8に平行して、先住民がこうした会議を開催するのははじめて。11カ国17人の先住民族と多くのアイヌ民族は、350名の参加者の前で、「いまこそ先住民族が声を上げるとき」と力強く訴えた。今後、平取町でワークショップやフィールドワークなどを…

続きを読む