世界の人々が身近に W杯決勝戦(2002年)

波乱といわれた大会は、王者ブラジルの優勝で幕を閉じました。ブラジルの個人技に勝るものなし。カフー、ロナウド、リバウドらブラジル選手の笑顔はおちゃめですね。一方、気丈なドイツ選手は負けても泣きません。ゲルマン魂は、最後まで不変でした。選手やサポーターの泣き笑いには国民性が表れることを、W杯を通して知ることができましたね。世界の人々が、実態のある身近な存在になったと思いませんか?札幌ドームで、私は初…

続きを読む

まだまだ続くストーリー イングランドvsアルゼンチン(2002年)

5月31日の開幕以来、筋書きのないゲームが繰り広げられているW杯。でも、今夜は少し違います。イングランド対アルゼンチン戦は、まさに大河ドラマ。キックオフ前から物語は始まっていたのです。W杯5回目の対戦となる今日のタイトルは、「闘将の雪辱」。前回は、老獪なシメオネの挑発に乗り、若く無垢なベッカムがレッドカードを受け、退場してしまったというお話しでした。アルゼンチンの勝利で「つづく」となり、その先を…

続きを読む

ベルギービールで乾杯! 日本vsベルギー(2002年)

バンザーイ!サポーターはもちろん、トルシエ監督も思わず派手なアクションで喜んでいました。2002年6月4日は、日本サッカー史上忘れられない日のひとつとなるはずです。ワールドカップで念願の勝ち点ゲット。国民の興奮で、日本の気温が少し上昇したかも。「レッドデビル(赤い悪魔)」と呼ばれるベルギーへ挑む意気込みからか、戸田は髪を真っ赤に染めて登場。でも、鮮やかな赤のユニフォームに身を包んだベルギー選手は…

続きを読む