パリの商店街はなぜ元気か?(2010年)

若者への優遇措置でフランス商店街は活性  日本の商店街は、店主の高齢化や新規開業における資金不足がネックになっている。その点、1973年に制定されたフランスのロワイエ法は、柔軟に商業活動に従事できる仕組みが徹底している。 ロワイエ法は、小売商業者や職人が保護する大店法として知られているが、それだけでなく、小売業者の人材育成や新規開業者への助成、近代化や転業を望む小売商業者・職人への支援なども定…

続きを読む

Zen(禅)パリを飛びかう流行語!?(1998年)

パリを飛びかう流行語!? 禅Zenブームの謎に迫るバスタイムは日本の名湯の入浴剤入りお風呂でくつろぎ、お線香をたいた部屋で、Futonを敷いた畳ベッドでぐっすり。ジャポニズムを超越したZen生活が、パリジェンヌに人気の今日このごろ。さて、このZenという言葉、日本人が考える”禅”からひとり歩きし、ファッションからインテリア、食べ物までさまざまな使い方をするのがフランス風だ。禅思想そのものはさてお…

続きを読む

フランスでも高まる健康的な沖縄料理への関心(2006年)

その「火つけ役」に聞く 肥満や成人病が急増し、健康への関心が高まっているフランス。中でも、食生活の乱れが社会問題視され、食生活の改善が叫ばれている。そんなフランスで、健康的な沖縄式食事法が注目され始めている。沖縄に関する講演会、記事、出版物も続々と登場している。その火つけ役となったのが、昨年秋に発行された「沖縄ダイエット(Le Régime OKINAWA)」だ。著者である健康ジャーナリスト、ア…

続きを読む