移民取り巻く状況悪化で変わったフランス社会とW杯風景/2006年

フランスにとってのサッカーW杯は、ジダンのレッドカード退場という意外な幕切れで終わった。6月27日のスペイン戦以来、異常ともいえる盛り上がりだったこともあり、ここ数日のフランスは、腑に落ちない結末の話題で持ちきりである。巷でささやかれている差別発言が頭突きの原因だとしたら、今後も論議を呼びそうだ。というのも、1998年のフランス大会同様、今回も、フランス代表の存在は移民問題と密接に結びついていた…

続きを読む

パリの商店街はなぜ元気か?(2010年)

若者への優遇措置でフランス商店街は活性  日本の商店街は、店主の高齢化や新規開業における資金不足がネックになっている。その点、1973年に制定されたフランスのロワイエ法は、柔軟に商業活動に従事できる仕組みが徹底している。 ロワイエ法は、小売商業者や職人が保護する大店法として知られているが、それだけでなく、小売業者の人材育成や新規開業者への助成、近代化や転業を望む小売商業者・職人への支援なども定…

続きを読む

Zen(禅)パリを飛びかう流行語!?(1998年)

パリを飛びかう流行語!? 禅Zenブームの謎に迫るバスタイムは日本の名湯の入浴剤入りお風呂でくつろぎ、お線香をたいた部屋で、Futonを敷いた畳ベッドでぐっすり。ジャポニズムを超越したZen生活が、パリジェンヌに人気の今日このごろ。さて、このZenという言葉、日本人が考える”禅”からひとり歩きし、ファッションからインテリア、食べ物までさまざまな使い方をするのがフランス風だ。禅思想そのものはさてお…

続きを読む