20代ワーキングウーマンのセクハラ談義記事の抜粋(1991年)

M そんなにイヤな上司はいない、うちの会社はR それは恵まれてるよね。私の友達なんてもっと悲惨。去年の暮れにみんなで飲みに行くことになったんだって。彼女、ちょっと具合悪かったんだけど、行ったのA 会社のつきあいねR うん。それで、だんだん場が盛り上がってきたんだけど、上司が彼女に当たるんだって。もともと彼女もその上司があまり好きじゃなかったんだけどねM どんな風に?R 八つ当たりみたい。そのいじ…

続きを読む

北海道新聞社でのセクハラ疑惑自死事件

忘年会でのセクハラ、不適切な対応、自殺職場での女性の権利が守られていないという日本の現実を示す事件 忘年会シーズンがやってきた。多くの労働者にとって、年末の飲み会シーズンは、羽を伸ばし、過ぎ去った12か月のあれこれを喜んだり憐れんだりする歓迎すべき時期である。しかし、一部の女性たちにとっては、酒の勢いで羽目を外し、酔っぱらった男性たちに囲まれ、セクハラが増える恐れがあり、悩ましい時期でもある。…

続きを読む

広告代理店・業界男たちのありのまま言いたい放題(1990年)

24~26歳の大手広告代理店の女性社員5人の座談会 体育会のノリが強い。自由で軽いようだけど実は封建的だよね。 D子 新入社員も1年たつと性格変わるよね。E子 磨かれる。D子 ダサめがハデになるっていう変わり方はいいと思うんですよ。そういう変わり方って…。でも、すごく純粋だった子が…。B子 スレたみたいに。D子 そう、スレたみたいに、そう変わっていく子を見ると、「ああ、この子だけは変わってほ…

続きを読む