「白人」への偏見を助長でマックCMに抗議の声(2009年)

日本マクドナルドが8月から展開しているNIPPON ALL STARSキャンペーンのキャラクター「Mr. ジェームス」に対し、「偏見と固定観念に満ちたガイジン像」と在日外国人らが抗議している。白人扮するMr. ジェームスは架空の人物で、「昔訪れた日本の魅力を忘れられず娘の留学についてきたオハイオ生まれの43歳」との設定。バーガーを味わうために全国を回り、その様子を、カタカナとひらがなの奇妙な日本…

続きを読む

スコットランドで「スランジーバ(乾杯)・パブ!」

 英国人ほどパブ好きの国民はいまい。ロンドンだけでも実に8000軒以上のパブがある。彼らにとってパブは、酒を飲む場であり、また社交場である。仕事帰り、夕飯の後、彼らはグラスを片手にいつ尽きるともしれない談笑に興じる。 パブの総称は「パブリック・ハウス」。その起源については定かではないが、すでに12世紀にはパブらしきものが存在すていたようだ。その昔は、宿泊施設をもつイン、食事を提供するタヴァン、お…

続きを読む

スコットランドのウイスキー造りの名人たち

 昔ながらのウイスキーの製法をかたくなまでに守り続け、琥珀色に輝く生命の水を生み出してきたのは、スペイサイドの自然を尊び、スコッチウイスキーをこよなく愛するスコットランドの男たちである。  この地方の男たちのほとんどは17歳前後で学校を卒業すると、蒸留所またはその他のウイスキー関連企業で働く。時代の流れでウイスキー製造の一部はコンピュータ化され、以前のような厳しい徒弟制度はなくなりつつあるが、…

続きを読む

スコッチウイスキーロードを行く(1994年)

 スコットランド。雄大な自然に囲まれたこの地は、長い歴史を通してさまざまなものを生み出してきた。  世界中で愛飲されているウイスキーも、豊かな大地とここに暮らす素朴で温かい人々が生み出した究極の一品である。数百年もの間、伝統の味を受け継いできたスコッチ・ウイスキー。その魅力を探る鍵は、豊かな自然とスコットランド人気質にあるといえよう。  スコッチ・ウイスキーには、モルト・ウイスキーと、主…

続きを読む

地域に根を張る島根県の保健所(2014年)

人と人とをつなぎ合わせて地域の健康を支える 地域に根を張る島根の保健所――保健師の数は全国トップ 地域住民の健康や公衆衛生を支える保健所は、都道府県などが設置する公的機関。近年は、市町村の保健課と混合されがちで、その業務内容は地域の人になかなかわかりにくい。そうした現状のなか、島根県の保健所は、市町村と連携し、地域に根差した活動で知られる。島根県の保健所は、長年、七か所すべての保健所で、公衆…

続きを読む

スポンサーリンク